有限会社 十明建設

愛知県豊田市のリフォーム(古民家リフォーム、エコリフォーム、介護リフォーム)、お客様の田舎暮らしを応援する別荘建設、自然素材を使ったこだわりの注文住宅。

HOME»  高齢者住宅

お年寄りの健やかな暮らしは住環境から

リーフ2
 

日本では、年々、平均寿命が延びていますが、せっかく、長生きしても、寝たきりになってしまったり、介護を受けなければならないようでは、周りの人も含めて、あまり、幸せではないでしょう。

ただ、最近は、健康に対する情報も増えているので、食事や運動に気を付けることで、いつまでも、健康的に過ごしているお年寄りの方も増えていると思います。

もちろん、健康的な生活には、食事と運動が一番だとは思いますが、長い時間を過ごす、お家の住環境を整えることも、とても、重要になります。

昔のお家は、あまり、お年寄りが生活することまで考えられていなかったので、何かとストレスを感じる部分が、多いのが現状です。

当社では、できるだけ、お年寄りが住みやすい環境を整えるお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

今、住んでいるお家を、お年寄りにも過ごしやすくするための、リフォーム工事や、お年寄りが、最低限、生活するために必要な設備を備えた、快適な小さな離れの建設など、できるだけ、健康的に過ごせるお家のご提案をさせて頂きたいと思います。


施工事例 離れ


豊田市 お年寄りの暮らしやすさを考えたシンプルで小さな離れ

  シンプルなデザインと、柔らかな色のトーンで統一しました。


お年寄りが生活しやすい、温かみのある空間に仕上げています。

 

 

 

 

 



お年寄りの生活に負担の少ないバリヤフリー
  

玄関までのアプローチは、車椅子で生活するお施主さんの奥さんのために、緩やかなスロープをおつくりしました。


スロープのコンクリートは、滑りにくいように、刷毛引きで仕上げています(ざらざらの表面にして抵抗を大きくしています)。


  

  

スロープを上がり、玄関を入って、廊下と部屋との間には、一切の段差はありません。


お年寄りが生活するには、負担の少ない作りになっています。


  

トイレと洗面所の入り口は、車椅子でも余裕の持てる広さが取ってあります。

  

フローリングは、車椅子でも傷がつかない、硬いものをご用意しました。

  

  

お年寄りが生活することを考えて、玄関から、内部の建具に至るまで、全てを引き戸にしてあります。


筋力の衰えたお年寄りにとって、開き戸から、引き戸にするだけで、負担はずっと軽くなります。


車椅子で生活することを考えてみても、スペースに余裕の持てる引き戸には、大きなメリットがあります。


自然な暖かさを感じられる断熱材『セルロースファイバー』
  

お年寄りにとって、健康的に過ごすためには、できるだけ、暑さや寒さを感じないような環境を作ることが、とても重要です。


健康にとって、一番の大敵は、ストレスです。


室温の変化は、目に見えないものですが、季節ごとの温度の変化は、知らず知らずのうちに、大きなストレスとなっています。


断熱工事は、省エネにも繋がりますが、室温の変化を減らして、ストレスを軽減させる意味でも大きな意味があります。


今回、使用しているセルロースファイバーは、壁一面に吹き込むことで、隙間風を防ぎ、断熱性に優れているだけではなく、調質性(空気中の湿気を吸って、湿度を一定に保つ効果です)と、防音性に優れた環境にも優しい断熱材です。


材質には、新聞紙の古紙を利用し、白アリの防蟻材としても使用されるホウ酸が添加されているので、結露を防ぐと共に、白アリを寄せ付けないので、家を長持ちさせてくれます。




施工の様子です。


自然素材でできているせいか、暖かいというだけではなく、柔らかみと心地良さを感じられます。


この道15年の業者の方の話によると、施工中にセルロースファーバーを吸い込むことは、良くあるそうですが、今まで、一度も健康に害があったことはないそうです。


それは、セルロースファイバーが、いかに自然なものでできていて、身体にも優しいということの証明だと思います。