有限会社 十明建設

愛知県豊田市のリフォーム(古民家リフォーム、エコリフォーム、介護リフォーム)、お客様の田舎暮らしを応援する別荘建設、自然素材を使ったこだわりの注文住宅。

ブログはこちら

 




HOME»  施工事例

施工事例

築100年の古民家をリノベーションした週末田舎暮らしを楽しむお家

 

築100年の古民家をリノベーションしたお家です。


柱や梁などは、しっかりしていたので、構造体は、一部、補修をしましたが、ほとんど、そのまま、使用しています。


元々の形を残しつつ、木と自然素材にこだわり、今の時代のデザインも取り入れながら、居心地の良い空間をお造りしました。


田舎に人が集まり、のんびりと過ごすのに、最適なお家です。

ビフォーアフター

白を基調とした木のぬくもりを感じられる森の中のお家

 

自然豊かな場所に建てられた小さなセカンドハウスです。


周りの自然と喧嘩することの無いシンプルな外観と、白を基調とした可愛らしい内装です。


吹き抜けの広いリビングに、暖かみを感じられる板張りの和室に、ステンドグラスや照明まで、お施主さんのこだわりが詰まったお家ができました。

 

豊田市 木に包まれる優しいお家

 

豊田市の自然豊かな場所にあるお家です。


内装、外装共に、沢山の木を使って、仕上げているので、見た目にも癒されます。


室内に一歩入ると、木の香りが広がり、ゆったりとした時間を過ごすのに、最適な空間ができました。

 

自然と調和した平屋建ての小さな木のお家

 

木を使った平屋建てのシンプルなお家です。


それほど、大きな建物ではありませんが、セカンドハウスとして、主に週末などに、ご利用いただいています。


自然の中で、友達や家族と集まり、のんびりと過ごすには、最適な場所になりました。

 

   

豊田市S様邸  お年寄りの暮らしやすさを考えたシンプルで小さな離れ

  シンプルなデザインと、柔らかな色のトーンで統一しました。


お年寄りが生活しやすい、温かみのある空間に仕上げています。

 

 

 

 

 



①地震に強い耐震構造
  

日本で生活する以上、地震は避けては通れないものです。


今回の離れの建設には、在来工法にこだわりつつも、耐震強度を上げるために、耐震ボード『ダイライト』を外壁の下地に施工しています。




在来工法は、日本の風土にあった工法だとは思いますが、その反面、今までのように、筋交いだけの補強では、耐震強度に劣るという欠点がありました。


その欠点を補うために、耐震ボードを建物全体に施工することで、建物を面で支えられるようになり、大きな地震にも耐えられる構造になっています(マッチ箱のようなシンプルな作りは、壁により家全体を支えています)。


ダイライトは、耐震性に優れているだけではなく、防腐・防蟻性・透湿性にも優れているので、家を長持ちさせてくれます。

②自然な暖かさを感じられる断熱材『セルロースファイバー』
  

住宅の構造において、耐震性と共にこだわったのは、住宅の断熱性です。


特に、今回はお年寄りが生活されるということを考えて、ヒートショックのリスクを軽減するために、セルロースファイバーを壁に施工して、気密性を高めています(気密性を高めることで、熱損失を減らして、部屋ごとの温度差を少なくしています)。


セルロースファイバーは、断熱性に優れているだけではなく、調質性(空気中の湿気を吸って、湿度を一定に保つ効果です)と、防音性に優れた環境にも優しい断熱材です。


材質には、新聞紙の古紙を利用し、白アリの防蟻材としても使用されるホウ酸が添加されているので、結露を防ぐと共に、白アリを寄せ付けないので、家を長持ちさせてくれます。


まだ、日本では、あまり流通していない断熱材ですが、100%天然素材ということで、環境問題に関心の高い人の間で、少しずつ流通し始めています。


施工の様子です。


自然素材でできているせいか、暖かいというだけではなく、柔らかみと心地良さを感じられます。


この道15年の業者の方の話によると、施工中にセルロースファーバーを吸い込むことは、良くあるそうですが、今まで、一度も健康に害があったことはないそうです。


それは、セルロースファイバーが、いかに自然なものでできていて、身体にも優しいということの証明だと思います。
③お年寄りの生活に負担の少ないバリヤフリー
  

玄関までのアプローチは、車椅子で生活するお施主さんの奥さんのために、緩やかなスロープをおつくりしました。


スロープのコンクリートは、滑りにくいように、刷毛引きで仕上げています(ざらざらの表面にして抵抗を大きくしています)。


  

  

スロープを上がり、玄関を入って、廊下と部屋との間には、一切の段差はありません。


お年寄りが生活するには、負担の少ない作りになっています。


  

トイレと洗面所の入り口は、車椅子でも余裕の持てる広さが取ってあります。

  

フローリングは、車椅子でも傷がつかない、硬いものをご用意しました。

  

  

お年寄りが生活することを考えて、玄関から、内部の建具に至るまで、全てを引き戸にしてあります。


筋力の衰えたお年寄りにとって、開き戸から、引き戸にするだけで、負担はずっと軽くなります。


車椅子で生活することを考えてみても、スペースに余裕の持てる引き戸には、大きなメリットがあります。


④シンプルな内装の中にも自然な木のぬくもりを持たせています

  

内装には、淡い色のクロスで仕上げることで、柔らかいイメージの統一感を持たせています。


ただ、それだけでは味気ないので、無垢の腰板を張ることで、アクセントと温かみを演出しています。


無垢材は、感覚的に温かみを感じられるというだけではなく、実際に断熱効果があります。


  

無垢材が映えるように、廊下のダウンライトは、電球色をご用意しました。

豊田市K様邸 柔らかい日差しが注ぐリビングの広い家

新築施工事例    

 

別荘施工事例